未分類

鼻下の埋もれ毛を脱毛して肌美人に

投稿日:2017年4月6日 更新日:

鼻下などの顔周りの毛は意外と見られていて、非常に気になりますよね。かといって、カミソリだと肌を傷付けるだけでなく、埋もれ毛の原因にもなります。そんな鼻下の埋もれ毛はおすすめサロンで鼻下脱毛しちゃいましょう。

医療で受ける鼻下脱毛のメリットとは

鼻下など、比較的狭い範囲は医療脱毛がおすすめです。効果が高い分割高の医療脱毛ですが、狭い範囲でならコストもかからずにすみます。

施術回数の少なさと毛穴の引き締めが重要

一回が強力なので、少ない回数で効率よく終えることができるのもポイントが高いです。剃毛ではダメージを受けて開きがちな毛穴の引き締め効果もあります。医療脱毛で重要なのはお肌のケアです。

強力な施術だからこそ、肌トラブルを起こさないためにもケアはしっかりしておきましょう。施術前にどんなケアが必要かをお医者さんに尋ねることも重要です。

万が一肌トラブルが起きてしまった場合でも医療機関なら安心

もしトラブルが起きてしまっても、焦らずに担当のお医者さんに相談しましょう。きちんとしたケアを行えば、対処できないことはほとんどありません。化粧でもなかなか隠せない青みは女子にとっては天敵です。

一度きちんと施術してしまえば、鼻下は生えてくることもほとんどないという方が多く、その効果が高いのも嬉しい医療脱毛。すべすべつるつるな白いお肌でメイクも楽しくなること間違いなしです。

19歳の人でも脱毛を受けることができます

法律の勉強をしたことがない人の場合は知らないのが普通ですが、厳密にいうと、満20歳に達していない未成年者は単独で契約を結べないことになっています。

万が一契約を結んでしまっても、未成年者からの一方的な通告で解約できる決まりになっているため、契約締結時に年齢確認をする業者が多いです。

施術対象年齢でも親権者の同意が必要になる

未成年者でも有効に契約を結ぶことができるケースがあります。たとえば親からもらったお小遣いで買い物する場合や、親権者の同意を得て契約を結ぶ場合などが、それに該当します。脱毛サロンの多くは、施術対象年齢を満20歳以上もしくは満18歳以上と定めています。

上限年齢については特に定められておらず、状況に応じて柔軟な対応がとられているのが実情です。満19歳の人の場合は、施術対象年齢を満18以上と定めているサロンを利用すれば、脱毛してもらうことができます。

ただし、19歳は未成年ですので、親権者の同意を得る必要があります。簡単に言ってしまうと、父親か母親の同意があれば、満19歳の人でも問題なく脱毛の施術が受けられるということになります。

満19歳の場合はサロンによって親権者の同席も

親権者の同意という言葉にはとても堅苦しい印象がありますが、実際にはそれほど難しいことを要求されるわけではありません。多くの場合、親権者のサインとハンコがある同意書をサロンに提出するだけでオーケーです。

ただし、数あるサロンの中には、契約締結の場に必ず親権者の同席を求めるところがあります。それとは逆に、電話で同意の確認がとれればオーケーという、ゆるやかな対応をしているサロンもあります。

いずれにしろ、満19歳の場合は必ず親権者の同意が必要になるということを覚えておく必要があります。

-未分類

Copyright© 安い鼻下脱毛サロンランキング , 2018 AllRights Reserved.